ソラシドとは?

農業体験スクールソラシドとは、農的暮らしを体験できる学校です。
われわれは多くの方々に農業を生活の一部に取り入れ、農作物を作って食べるという本来日本人が行ってきた喜びのある生活を体験してもらいたいという思いをもってこのスクールを始めました。

人はおいしいものを味わったとき、とても幸せな気分になります。農家はみんな知っているのですが、実は世の中で一番おいしいものは『自分で作った野菜(米)』なのです。

そんなおいしくて幸せな生活をまずは週末農業からはじめてみませんか?
週末だけの農的暮らしをスタートできるソラシドでは、その土地土地の文化や風土も学ぶことができます。またソラシドでは、とても安心・安全な無肥料自然栽培で野菜やお米を作っています。

これからの自分や家族のためにもおいしくて安心な野菜づくりを始めてみましょう。

埼玉本校と高崎校、北杜校選べる3つのスクール

埼玉本校(明石農園)

埼玉本校は、埼玉県三芳町にある明石農園が実習のフィールドとなります。
明石農園は、三芳町の三富新田という地域にあり、ケヤキ並木沿いに屋敷が並び、1軒分5ヘクタールに地割りされた耕地と平地林は今でも江戸時代の新田村の面影を色濃く残しています。
明石農園の園主である明石さんはこの地域で就農して10年、畑を無農薬・無肥料にしてから6年となります。1町4反の畑に四季折々の野菜を育て、年間40種類位の野菜を栽培しております。夏の時期にはひまわりを植えたり、畑のところどころにはハーブを植えたりと畑でありながらも公園のような楽しい場所が埼玉本校(明石農園)です。

高崎校(たんぽぽ農園)

高崎校は群馬県高崎市にあるタンポポ農園が実習のフィールドとなります。 タンポポ農園は高崎市塚田町というところにあり、このあたりは柳沢や本多 という性がつく家が多いことからも分かるとおり、徳川家が戦国後期より収めた土地になります。 タンポポ農園園主の家紋も徳川家家臣の本多家と同じ立葵となっております。また以前は群馬には 世界遺産の富岡製糸工場があるように、本多家(タンポポ農園)でもカイコ(蚕)を飼ってその繭から 生糸(絹)を作る養蚕業を行っておりました。そのように400年以上の歴史あるタンポポ農園は現在 無肥料自然栽培の畑と田んぼが歩いていけるところにあるとても豊かな地域にあります。
畑と田んぼの両方が体験できるタンポポ農園で自然栽培を体験しましょう。

北杜校(小黒農園)

北杜校は山梨県北杜市にある小黒農場が実習のフィールドとなります。
北杜市は都心からのアクセスも良く、素晴らしい自然環境を求めて県外からの移住者も多く、移住したいエリアNo.1の人気です。 小黒農場は北杜市の中でも特に山間部に位置し、日本百名山に数えられる瑞牆山(みずがきやま)の直下とも言える標高1,200mの畑がメインです。 農場のある地域のほとんどは秩父多摩甲斐国立公園内に位置し、この地域を流れる川は「平成の名水百選」にもなっていて、シカやイノシシなどの野生動物やイワナ、ヤマメ等の川魚がたくさん住んでいる自然豊かな山里です。 野菜もお米も自給自足。自家製お味噌や漬物作り。冬は薪ストーブでぽかぽか。自然栽培をベースにした里山の豊かな暮らしを体験しに来て下さい。

農業体験スクールお申込みはこちら 野口勲氏講演会 料理教室 自然栽培の野菜を食べる会 野口勲氏講演会DVD発売 無肥料自然栽培とは?

ページトップへ