無肥料自然栽培とは?

農薬・化学肥料はもとより有機肥料も一切使用せず、また緑肥も施肥目的では使用しない栽培技術です。だからといって放任的な栽培では決してありません。除草、耕起、及び必要な管理はしっかり行います。無肥料自然栽培では人間の知恵と自然力を最大限に活用すること、また種を取り続けること(自家採取)が非常に重要です。そして、そのようにをすることによって永続可能な栽培が可能になります。

自然の活用とは?

自然力とは主に『土の力』『作物の本来持っている生命力』『太陽の光と熱』『熱エネルギーや雨』など、身の回りにある自然の恵みのことです。

肥料をあげなくても作物は育つの?

野山の木や草が肥料をあげなくても育つように、本来、『土』や『空気』には肥料がなくても食物を育てる仕組みと力を持っています。自然が既に持っている仕組みを利用して、作物の力を引き出すだけなのです。しかしその自然の恵みを、いかに作物ごとに使い分けるかなど、柔軟な考え方や鋭い観察力が必要となります。

農業体験スクールお申込みはこちら 野口勲氏講演会 料理教室 自然栽培の野菜を食べる会 野口勲氏講演会DVD発売 無肥料自然栽培とは?

ページトップへ